C言語

キーボードのエミュレート(DirectInput)

更新日:

キーボードの押下検知とは

「キーボードの押下検知」とは、プログラムで「キーボードのキーが押された」ということを検出することです。
現在のWindowsプログラミングでは、キーボードが押されたことを検知する処理はメッセージ(WM_KEYDOWNやWM_KEYPRESS)などで簡単に可能です。
ですが今回は、DirectInputを使ったキーボード押下検知について書きます。

 

実装してみる

実装したコード

// DirectInputTest2.cpp : アプリケーションのエントリ ポイントを定義します。
//

#include "stdafx.h"
#include "DirectInputTest2.h"
// ここから、追加したコード -->
#define DIRECTINPUT_VERSION     0x0800          // DirectInputのバージョン指定
#include <dinput.h>

#pragma comment(lib,"dinput8.lib")
#pragma comment(lib,"dxguid.lib")

// --> ここまで、追加したコード
#define MAX_LOADSTRING 100

// グローバル変数:
HINSTANCE hInst;                                // 現在のインターフェイス
WCHAR szTitle[MAX_LOADSTRING];                  // タイトル バーのテキスト
WCHAR szWindowClass[MAX_LOADSTRING];            // メイン ウィンドウ クラス名
// ここから、追加したコード -->
LPDIRECTINPUT8			lpDI = NULL;			// IDirectInput8
LPDIRECTINPUTDEVICE8	lpKeyboard = NULL;		// キーボードデバイス
// --> ここまで、追加したコード

// このコード モジュールに含まれる関数の宣言を転送します:
ATOM                MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance);
BOOL                InitInstance(HINSTANCE, int);
LRESULT CALLBACK    WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
INT_PTR CALLBACK    About(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

int APIENTRY wWinMain(_In_ HINSTANCE hInstance,
                     _In_opt_ HINSTANCE hPrevInstance,
                     _In_ LPWSTR    lpCmdLine,
                     _In_ int       nCmdShow)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(hPrevInstance);
    UNREFERENCED_PARAMETER(lpCmdLine);

    // TODO: ここにコードを挿入してください。

    // グローバル文字列を初期化しています。
    LoadStringW(hInstance, IDS_APP_TITLE, szTitle, MAX_LOADSTRING);
    LoadStringW(hInstance, IDC_DIRECTINPUTTEST2, szWindowClass, MAX_LOADSTRING);
    MyRegisterClass(hInstance);

    // アプリケーションの初期化を実行します:
    if (!InitInstance (hInstance, nCmdShow))
    {
        return FALSE;
    }

    HACCEL hAccelTable = LoadAccelerators(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDC_DIRECTINPUTTEST2));

    MSG msg;

    // メイン メッセージ ループ:
    while (GetMessage(&msg, nullptr, 0, 0))
    {
        if (!TranslateAccelerator(msg.hwnd, hAccelTable, &msg))
        {
            TranslateMessage(&msg);
            DispatchMessage(&msg);
        }
// ここから、追加したコード -->
		// キーの入力
		HRESULT ret = (HRESULT)0;
		BYTE key[256];
		ZeroMemory( key,sizeof(key) );

		ret = lpKeyboard->GetDeviceState( sizeof(key),key );
		if( FAILED(ret) ) {
			// 失敗なら再開させてもう一度取得
			lpKeyboard->Acquire();
			lpKeyboard->GetDeviceState( sizeof(key),key );
		}

		// ESCAPEなら終了
		if( key[DIK_ESCAPE]&0x80 ) {
			break;
		}
    }
	// プログラムが終了するときに忘れずにRelease
	lpKeyboard->Release();
	lpDI->Release();
// --> ここまで、追加したコード
    return (int) msg.wParam;
}



//
//  関数: MyRegisterClass()
//
//  目的: ウィンドウ クラスを登録します。
//
ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance)
{
    WNDCLASSEXW wcex;

    wcex.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);

    wcex.style          = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wcex.lpfnWndProc    = WndProc;
    wcex.cbClsExtra     = 0;
    wcex.cbWndExtra     = 0;
    wcex.hInstance      = hInstance;
    wcex.hIcon          = LoadIcon(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_DIRECTINPUTTEST2));
    wcex.hCursor        = LoadCursor(nullptr, IDC_ARROW);
    wcex.hbrBackground  = (HBRUSH)(COLOR_WINDOW+1);
    wcex.lpszMenuName   = MAKEINTRESOURCEW(IDC_DIRECTINPUTTEST2);
    wcex.lpszClassName  = szWindowClass;
    wcex.hIconSm        = LoadIcon(wcex.hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_SMALL));

    return RegisterClassExW(&wcex);
}

//
//   関数: InitInstance(HINSTANCE, int)
//
//   目的: インスタンス ハンドルを保存して、メイン ウィンドウを作成します。
//
//   コメント:
//
//        この関数で、グローバル変数でインスタンス ハンドルを保存し、
//        メイン プログラム ウィンドウを作成および表示します。
//
BOOL InitInstance(HINSTANCE hInstance, int nCmdShow)
{
   hInst = hInstance; // グローバル変数にインスタンス処理を格納します。

   HWND hWnd = CreateWindowW(szWindowClass, szTitle, WS_OVERLAPPEDWINDOW,
      CW_USEDEFAULT, 0, CW_USEDEFAULT, 0, nullptr, nullptr, hInstance, nullptr);

   if (!hWnd)
   {
      return FALSE;
   }
// ここから、追加したコード -->
	// IDirectInput8の作成
	HRESULT ret = DirectInput8Create( hInstance,DIRECTINPUT_VERSION,IID_IDirectInput8,(LPVOID*)&lpDI,NULL );
	if( FAILED(ret) ) {
		// 作成に失敗
		return FALSE;
	}

	// IDirectInputDevice8の取得
	ret = lpDI->CreateDevice( GUID_SysKeyboard,&lpKeyboard,NULL );
	if( FAILED(ret) ) {
		lpDI->Release();
		return FALSE;
	}

	// 入力データ形式のセット
	ret = lpKeyboard->SetDataFormat( &c_dfDIKeyboard );
	if( FAILED(ret) ) {
		lpKeyboard->Release();
		lpDI->Release();
		return FALSE;
	}

	// 排他制御のセット
	ret = lpKeyboard->SetCooperativeLevel( hWnd,DISCL_FOREGROUND|DISCL_NONEXCLUSIVE|DISCL_NOWINKEY );
	if( FAILED(ret) ) {
		lpKeyboard->Release();
		lpDI->Release();
		return FALSE;
	}

	// 動作開始
	lpKeyboard->Acquire();
// --> ここまで、追加したコード
   ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
   UpdateWindow(hWnd);

   return TRUE;
}

//
//  関数: WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM)
//
//  目的:    メイン ウィンドウのメッセージを処理します。
//
//  WM_COMMAND  - アプリケーション メニューの処理
//  WM_PAINT    - メイン ウィンドウの描画
//  WM_DESTROY  - 中止メッセージを表示して戻る
//
//
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    switch (message)
    {
    case WM_COMMAND:
        {
            int wmId = LOWORD(wParam);
            // 選択されたメニューの解析:
            switch (wmId)
            {
            case IDM_ABOUT:
                DialogBox(hInst, MAKEINTRESOURCE(IDD_ABOUTBOX), hWnd, About);
                break;
            case IDM_EXIT:
                DestroyWindow(hWnd);
                break;
            default:
                return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
            }
        }
        break;
    case WM_PAINT:
        {
            PAINTSTRUCT ps;
            HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
            // TODO: HDC を使用する描画コードをここに追加してください...
            EndPaint(hWnd, &ps);
        }
        break;
    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        break;
    default:
        return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
    }
    return 0;
}

// バージョン情報ボックスのメッセージ ハンドラーです。
INT_PTR CALLBACK About(HWND hDlg, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(lParam);
    switch (message)
    {
    case WM_INITDIALOG:
        return (INT_PTR)TRUE;

    case WM_COMMAND:
        if (LOWORD(wParam) == IDOK || LOWORD(wParam) == IDCANCEL)
        {
            EndDialog(hDlg, LOWORD(wParam));
            return (INT_PTR)TRUE;
        }
        break;
    }
    return (INT_PTR)FALSE;
}

 

コードの説明

7から11行目

#define DIRECTINPUT_VERSION     0x0800          // DirectInputのバージョン指定
#include <dinput.h>

#pragma comment(lib,"dinput8.lib")
#pragma comment(lib,"dxguid.lib")

定数の指定やヘッダのインクルード、リンクする必要があるライブラリの指定です。
'DIRECTINPUT_VERSION'の定数指定は、ちょっと不自然ですが、この指定がないと、ビルド時に警告がでます(DirectInputに対するバージョン指定を行わなければいけない)。
21から22行目

LPDIRECTINPUT8			lpDI = NULL;			// IDirectInput8
LPDIRECTINPUTDEVICE8	lpKeyboard = NULL;		// キーボードデバイス

使用するDirectInputのオブジェクトと、DirectInputキーボードのオブジェクトの変数宣言です。
当プログラム中では、この変数に対する処理でDirectInputへのアクセスを行っています。

 

65から84行目

		// キーの入力
		HRESULT ret = (HRESULT)0;
		BYTE key[256];
		ZeroMemory( key,sizeof(key) );

		ret = lpKeyboard->GetDeviceState( sizeof(key),key );
		if( FAILED(ret) ) {
			// 失敗なら再開させてもう一度取得
			lpKeyboard->Acquire();
			lpKeyboard->GetDeviceState( sizeof(key),key );
		}

		// ESCAPEなら終了
		if( key[DIK_ESCAPE]&0x80 ) {
			break;
		}
    }
	// プログラムが終了するときに忘れずにRelease
	lpKeyboard->Release();
	lpDI->Release();

ここはWindowsのメッセージループ中で、キーボードの押下検知を行う処理です。
また、メッセージループを脱出したところで、

lpKeyboard->Release();
lpDI->Release();

を呼び出すことでDirectInputのオブジェクトと、DirectInputキーボードの終了時処理を行っています。

139から170行目

	// IDirectInput8の作成
	HRESULT ret = DirectInput8Create( hInstance,DIRECTINPUT_VERSION,IID_IDirectInput8,(LPVOID*)&lpDI,NULL );
	if( FAILED(ret) ) {
		// 作成に失敗
		return FALSE;
	}

	// IDirectInputDevice8の取得
	ret = lpDI->CreateDevice( GUID_SysKeyboard,&lpKeyboard,NULL );
	if( FAILED(ret) ) {
		lpDI->Release();
		return FALSE;
	}

	// 入力データ形式のセット
	ret = lpKeyboard->SetDataFormat( &c_dfDIKeyboard );
	if( FAILED(ret) ) {
		lpKeyboard->Release();
		lpDI->Release();
		return FALSE;
	}

	// 排他制御のセット
	ret = lpKeyboard->SetCooperativeLevel( hWnd,DISCL_FOREGROUND|DISCL_NONEXCLUSIVE|DISCL_NOWINKEY );
	if( FAILED(ret) ) {
		lpKeyboard->Release();
		lpDI->Release();
		return FALSE;
	}

	// 動作開始
	lpKeyboard->Acquire();

ここはプログラム起動時の処理で、DirectInputの初期化処理を行っています。

 

まとめ

この実装コードでプログラムをビルド、動作させると

[ESC]キーを押したときにプログラムが終了する。

だけの動作をします。

これだけでは、「実装するのに手間がかかりそうだし、通常のメッセージによるキーボード押下検出のほうがお手軽」と思われるかもしれません。

今回は書ききることができませんでしたが、実はこの「DirectInputを使う検出処理」は、用途によっては「通常のメッセージによるキーボード押下検出」ではできないことができてしまうんです。

 

-C言語

Copyright© プログラミングテクニック集キヤミー , 2019 All Rights Reserved.