C#

C# ツールバーを作る(1/3)(ToolStripコントロール)

更新日:

Windwos フォームアプリケーションで「ツールバー」を使うと直感的な操作を行えるので便利です。
今回は、コーディングのみでToolStripコントロールを使ってツールバーを作る方法を紹介します。

 

Windows フォームにコーディングでコントロールを追加する

Windows フォームにコード上でコントロールを追加するときには、ちょっとした「お作法」があります。
それは、コントロールをフォームに追加(配置して表示)するときに、「レイアウトを一時停止」して
フォームに追加が終わったら「レイアウトを再開」するようにすることです。
(レイアウトを一時停止しなくてもフォームに追加はできますが、数が増えるとちょっとみっともない見え方になったりします)

コードとしては、下記のようなコードを追加することになります。

// レイアウトを一時停止
this.SuspendLayout();


// 
// ここにフォーム上に追加するコントロールを用意して配置する
//


// レイアウトを再開
this.ResumeLayout(false);
this.PerformLayout();

 

これは通常のフォームデザイナで追加・配置をしているコントロールはすべてInitializeComponent()が用意してくれます。
InitializeComponent()の実装個所は"<フォーム名>.Designer.cs"になります。
このInitializeComponent()の最初と最後に上記と同じようなコードがあります。

 

ツールバーの元(ToolStrip)を追加する

フォームに、ToolStrip(System.Windows.Forms名前空間)クラスオブジェクトを追加してツールバーを表示させます。

 

private System.Windows.Forms.ToolStrip toolStrip1;  // ツールバーの土台となるオブジェクト

 

このオブジェクトを先ほどのコードと組み合わせて、ツールバーを表示させます。

 

private void frmMain_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // フォームをロードした時の処理
    // レイアウトを一時停止
    this.SuspendLayout();

    // ToolStripクラスを生成します
    this.toolStrip1 = new ToolStrip();

    // フォームにToolStrip(ツールバー)を追加
    this.Controls.Add(this.toolStrip1);

    // レイアウトを再開
    this.ResumeLayout(false);
    this.PerformLayout();

}

 

これだけで、「ツールバー」は表示されます。
表示されますが、何もない土台だけのツールバーですので何もできません。
ここにいろいろなものを乗せてツールバーにします。

 

ツールバーにコントロールを追加する前に

これからツールバーにボタンなどのコントロールを追加していくことになるのですが、このToolStrip自身も「コントロール」です。

このコントロールにさらにいろいろなコントロールを乗せていくと、ゆくゆくはフォームにコントロールを乗せるときと同じような問題が発生します。

これを防ぐために、ツールバーにコントロールを乗せる前後にもフォームと同じような「レイアウトの一時停止」を行います。

 

private void frmMain_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // フォームをロードした時の処理
    // レイアウトを一時停止
    this.SuspendLayout();

    // ToolStripクラスを生成します
    this.toolStrip1 = new ToolStrip();

    // ツールバーのレイアウトを一時停止
    this.toolStrip1.SuspendLayout();

    // フォームにToolStrip(ツールバー)を追加
    this.Controls.Add(this.toolStrip1);

    // ツールバーのレイアウトを再開
    this.toolStrip1.ResumeLayout(false);
    this.toolStrip1.PerformLayout();

    // レイアウトを再開
    this.ResumeLayout(false);
    this.PerformLayout();

}

 

ツールバーにボタンを追加する

ツールバーにボタンを追加する場合、通常のボタン(System.Windows.Forms.Buttonクラス)ではなく
System.Windows.Forms.ToolStripButtonクラスのボタンを追加します。

 

private System.Windows.Forms.ToolStripButton toolStripButton1;  // ツールバーのボタン1

 

ツールバーのボタンでよく見る画像だけのボタンを追加するには、下記のようなコードになります。
Textプロパティに文字列を追加しているのは、こうしておくと「ツールチップ」としてこの文字列を表示させることができます。

 

private void frmMain_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // フォームをロードした時の処理
    // レイアウトを一時停止
    this.SuspendLayout();

    // ToolStripクラスを生成します
    this.toolStrip1 = new ToolStrip();

    // ツールバーのレイアウトを一時停止
    this.toolStrip1.SuspendLayout();

    //
    // ツールバーの中に追加するコントロールを生成する
    // ここから --->

    // ToolStripButtonを作成
    this.toolStripButton1 = new ToolStripButton();
    // テキストを設定
    this.toolStripButton1.Text = "開く(&O)";
    // 画像を設定
    this.toolStripButton1.Image = Image.FromFile(@"btn_open.gif");
    // 画像だけを表示するボタンにします
    this.toolStripButton1.DisplayStyle = ToolStripItemDisplayStyle.Image;

    // ToolStripにボタンを追加します
    this.toolStrip1.Items.Add(this.toolStripButton1);

    // フォームにToolStrip(ツールバー)を追加
    this.Controls.Add(this.toolStrip1);

    // ---> ここまで
    // ツールバーの中に追加するコントロールを生成する
    //

    // ツールバーのレイアウトを再開
    this.toolStrip1.ResumeLayout(false);
    this.toolStrip1.PerformLayout();

    // レイアウトを再開
    this.ResumeLayout(false);
    this.PerformLayout();

}

 

-C#
-, , , , , , , ,

Copyright© プログラミングテクニック集キヤミー , 2020 All Rights Reserved.